貯金箱

家賃保証会社の料金を比較してコストダウンを図ろう

連帯保証人がいない場合

お金を積む人

入居時や更新時の手数料

家賃保証会社というのは、連帯保証人が立てられない場合に保証会社と入居者が契約を結ぶ事で、部屋が借りられるようになるシステムです。家賃を滞納すると、保証会社があなたの代わりに家賃を立替えるようになっています。立替えた家賃は家賃保証会社があなたに請求するので、家賃がチャラになるという訳ではありません。この家賃保証会社と契約をすると、入居時に30〜100パーセント位の料金を支払う事になります。仮に家賃が8万円だとすると2万4千円〜8万円の料金が必要になるのです。この料率は家賃保証会社によっての違いになります。また、更新時にも家賃の何パーセントかの料金、或いは定額料金を支払う事になっているので、契約前に手数料について聞いておくと良いでしょう。

費用を抑えるためには

最近では、連帯保証人がいても家賃保証会社が必須という賃貸物件もあります。これは家賃滞納が金融ショックの折りなどに増えたことから、義務付けする不動産会社が出てきたことが理由に挙げられます。保証人を立てる場合には、保証金を安くする措置が取られる事もあります。物件を探すときに家賃保証会社加入必須と書いてあったら、必ず家賃保証会社を通すことが条件になっています。そんな時には連帯保証人を立てて保証金を安くすることが可能か聞いてみる、あるいは他の物件を探すのが良いかもしれません。家賃保証会社は連帯保証人がいない人にとってはありがたい契約です。また、費用を抑えるためには保証会社の料金を比較して物件選びをするなど、賢い方法で節約をしましょう。

パッケージ料金の活用

集合住宅

マンション管理会社に業務委託をするときにはパッケージを選ぶと安く依頼できます。必要な管理業務が組み合わせられているのも特徴です。また、会社が得意としている管理業務を中心としたパッケージが多くなっています。

アパート経営

マンション模型

相続税対策は、不動産を多数所有している世帯にとって頭の痛い問題となります。相続税対策に最適な土地活用法としてアパート経営がオススメです。アパート経営では、安定した経営を行なおうと一括借り上げ制度を利用する人も沢山います。会社によっても保証金額などが異なるため、サービス内容をチェックすることが大切です。

不動産会社がポイントです

マンション

マンション投資において、不動産会社選びは非常に重要なことです。なぜならば、不動産会社は投資物件の紹介だけでなく、入居募集や賃貸管理まで行う立場にあるからです。マンションと同様に不動産会社選びにも気を付けましょう。