男性

家賃保証会社の料金を比較してコストダウンを図ろう

アパート経営

マンション模型

相続税対策

自宅以外にも多くの不動産を所有している世帯にあっては、土地活用というのは非常に悩ましい問題であるといわれています。特に現在では以前と比べて相続税の基礎控除額も大幅に削減されたことから、相続税対策としても早めに土地活用を考えておくことが重要になってきているといえます。相続税の節税対策として有効な土地活用の方法として、アパート経営を行うという方法があります。アパート建設資金を借り入れで賄うことにより、相続税の節税に繋げることができます。アパート経営を行うにあたっては、安定した家賃収入の確保が問題となりますが、最近では一括借り上げ制度を活用してアパート経営を行うオーナーも増えてきているといわれています。

家族での話し合い

一括借り上げ制度を活用する場合、入居状況にかかわらず管理会社から一定の家賃収入が保証されることとなるため、安定してアパート経営を行うことが出来るというメリットがあります。一口に一括借り上げ制度といっても、それぞれの会社によって保証する金額や期間には差が出る可能性があります。そのため、一括借り上げ制度を活用してのアパート経営を考えるのであれば、複数の会社のプランを確認したうえでどの会社のサービスを活用するか判断するのが重要であるといえます。また、アパート経営は長期間にわたって行うこととなるため、自分だけで判断せずにアパート経営を引き継ぐ見込みである親族ともしっかり相談したうえで判断することが重要となります。